The Way to Nowhere

あるITエンジニアの雑文。

Windows10でバックアップ失敗 - 「シャドウコピーを作成できませんでした。」

先日、約1か月以上の間、Windows10のバックアップが失敗していて取れていなかった、ということに気付かずにいた、ということがあったのですが、その辺のエラーや解決の内容についてのメモしておきます。

で、1か月以上の間バックアップが取れていないことにようやく気付いて、エラーの内容を見るとこんな感じ。

シャドウ コピーを作成できませんでした。詳細については、"VSS"および"SPP"のアプリケーション イベントログを確認してください。
詳細: シャドウ コピーの記憶域ファイルまたはその他のシャドウ コピーデータを作成するために利用できる十分な記憶域がありません。

Windows10_Backup_Error_20170712_1

で、軽くググってみたところでは、「バックアップの対象」の設定で「システムイメージを含める」のチェックを外したらいい、みたいなものがあって、「それでは、解決になっていないんじゃないか?」と思いつつ、システムイメージは最悪は再インストールすればよくて、本当の「ユーザデータ」のバックアップだけでも正常に終えられるようにする事にも意味はある、と考えて、やってみることにした。

それでも、やっぱりエラーになった。

シャドウ コピーを作成できませんでした。詳細については、"VSS"および"SPP"のアプリケーション イベントログを確認してください。
詳細: シャドウ コピー プロバイダーでエラーが発生しました。詳細についてはシステム イベントログとアプリケーション イベントログを確認してください。

メインのメッセージは同じであるものの、「詳細」の部分が若干変わった。
というわけで、イベントログを見てみると「ソース」が「VSS」のエラーメッセージの中でこんなメッセージがあった。

ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: 予期しないエラー
(中略)
パラメーターが間違っています。

む、この「パラメーターが間違っています。」は、なんか見覚えのあるエラーメッセージだな、と思った。

Windows10で大容量のハードディスクが正しく認識されない件

以前にも書いたこれだ。
というわけで、diskpart で見てみるとやはり、ディスクサイズがパーティションサイズよりかなり小さく認識されていた。

Windows10_Backup_Error_20170712_3


ちなみに同じタイミングで「ディスクの管理」画面を見ると、こんな感じで普通に認識されていて問題ないように見える。一体、この違いは何なんだろうか。

Windows10_Backup_Error_20170712_4


というわけで、以前と同じようにSATAドライバを元に戻す事で、解決できたのでした。
バックアップがエラーになり始めた時期を振り返ると、どうやらWindows10 の Creator's Update を適用した後から、エラーに発生し始めていたようなので、やはりそのアップデートのタイミングで「最適」と誤認されているSATAドライバに更新されてしまったのだろう。

この辺の原因などはたぶん私の古いPCに特化した内容かもしれない。件のエラーメッセージについては、まずは言われている通りの「十分な記憶域」、つまりは「ディスクの空き領域」等が適切な状態か
をまずは確認すべき所だろうと思う。それでも何も問題がない時に、ディスクが正しく認識されていないとかいうケースもある、という程度の話だと思います。まあ、いずれにしても、イベントログなどを順を追って見て、調べるというのが、まずはやるべきことでしょう。

ともかく、もうこんなのはイヤなので、いい加減に新しいPCに移行しようと思います。


THE ALFEE の『英雄の詩』

子どものウルトラマン好きの影響で、私自身も色々と詳しくなってしまったりしている。

以前にも、ウルトラマンオーブの主題歌の作詞・作曲がアルフィーの高見沢さんで、他にも最近のウルトラマンシリーズに楽曲提供しているらしいことには触れていたが、この約3年前の『ウルトラマンギンガS』の主題歌は、なんとTHE ALFEE名義の曲がそのまま主題歌になっている、ということにまず驚いたのだが、そのTHE ALFEE名義の曲がこんなにもメタルな曲なもので、さらに驚いてしまった。

下のyoutubeは、円谷オフィシャルで、時期によって1番と2番を使い分けてたので、2つあるようです。
まあ、最近はだいたいがそんなパターンのようですが。

『新ウルトラマン列伝』第5クール オープニング ~ウルトラマンギンガS 第一期バージョン~


『新ウルトラマン列伝』第6クール オープニング ~ウルトラマンギンガS 第二期バージョン~


そんな感じで、最近ハマっていて、ヘビーローテーションになっております。
別にこのyoutubeで、というわけではなくて、Amazonプライムミュージックで曲だけをフルで聞けます。

英雄の詩
Universal Music LLC
2014-09-03


このジャケットもすごいな。

魂と身体の再起動

この半年くらいで、私自身が身体面ではダイエットに取り組み、精神面では瞑想などに傾倒してやってきたことの「答え合わせ」になったような感じの2冊です。
まあ、そこは高城剛さんの毎週のメルマガでも、まとまって書かれていないだけで、随所にそのエッセンスは顔を覗かせる感じなので、当たり前かもしれませんが。

SOUL RESET 魂の再起動
高城剛
マガジンハウス
2014-07-11


BODY RESET 身体の再起動
高城剛
マガジンハウス
2014-07-11


これらは2012年の出版なので、既に5年が経っていることになります。
「2014年」というのは「Kindle版」としてのことでしょう、きっと。

で、ともかく、これら2冊はセットで読むべきものでしょう。「魂の再起動」の方で「体を動かさなきゃ」みたいな話が続いたり、「身体の再起動」の方でメンタル面での話があったりとかしています。何が何だかわからない気もしますが、とにかく興味深い内容と私には思えました。

やはり、科学は今でも日々研究され発展し続けているものなわけなので、現在の科学で説明できないものは全て怪しいものかというと、そんなことはないのだろうと思います。科学自体が途上なわけだから、現時点の科学が説明できていないことにも、真理・真実はたくさんあると考える方がむしろ自然だと思えるし、そんなそれ自体の真理性を帯びさせた言説も実はどうでもよくて、私自身としても単純にそのように考えた方が面白いよね、と率直に思うわけで、共感するところであります。

私自身が日々感じていたこととしては、例えば筋トレは単に体を鍛えるだけではなくて、筋トレしている時間はある意味では瞑想状態に近い気がしていて、そういう意味で運動することがメンタルにも効果があるんだ、ということは自分が感じた感覚としてよくわかる気がします。

で、まあ、いろいろ書いてありますが、全部を鵜呑みにする必要もなくて、「魂」の面でも「身体」の面でも自分に合うと思えるものを適宜自分の生活習慣に取り入れていけばよいのだと思います。
「身体の再起動」の方で紹介されている「スロースクワット」などは、私もとてもよいと思っていますが、それでも書いてあるそのままをやるのではなくて、自分なりにアレンジを加えながら取り入れています。一方で、同じ個所で説明してある「マトリックス瞑想法」は私には理解不能でありました。まあ、上述したように筋トレ時に瞑想するような感覚は本書を読む前からあったので、そこは自分なりのやり方でやれればよいものだと思います。

そんなわけで、今も日々、ダイエットや筋トレなどの運動や瞑想に励む日々であります。

『フリーランスから会社員に戻る理由』

とりあえず、この記事の方、まだ「23歳」ということで、若くて、いろんな意味で早すぎるかな、というのが第一印象でした。「フリーランスになる」ということ自体もそうだし、これを「失敗」とか「挫折」とかのような類のもので考えることとかもそう言えるかなと。まあ、私とは業種が違うので詳しくはわからないのですけれども。

僕がフリーランスから会社員に戻った3つの理由 —— 働き方シフト[フリーランス編] | BUSINESS INSIDER JAPAN

で、その3つの理由。見出しだけ書いてしまうと、以下の通り。
  1. 金銭面
  2. 世間の目
  3. 精神的な疲労
3つ目の「精神的な疲労」はタイトルだけだとわかりづらいですが、要するに営業とかお金の管理とかの、いわゆる「本業」以外の事が多くて大変、ということのようです。

で、全体的に内容は深くないと言いますか、普通な感じです。この程度の事を「想定外」というようでは、全くの準備不足というか、「覚悟」が足りなかった感じがします。
この辺の話は、フリーランスにとって「のしかかる」問題として別に間違ってはいないと思うが、これらを「話には聞いていたけど、身をもって実感する」という事ならわかる。私自身でも、そういう意味で実感するところはある。でも、そうではなく、考えもしていなかったのだとしたら、「ノリ」とか勢いでやってみた、レベルの話でしかなかったんだと思います。「フリーランスになる」ということを意識しただけでも、この手の話はいくらでも目に飛び込んでくるようになると思いますが、それすら目に留まらなかったということなのだから。

まあ、定期的にこの手の記事が出ることで、新たに「フリーランスになろう」という人達に啓蒙していければよいのだと思います。

少々古めかもですが、この本などはうちの書棚にもあります。



さて、私も現在は実質はフリーランスとして仕事をしているわけですが、私が今の立場から、会社員に戻るとしたら、どんな時だろうか?
余程の、「想像もつかないような面白いオファー」があったら、その時にはまた会社員になることはあるかもしれない、とは思います。それは「想像もつかないような」ことだから、今、具体的な事を言うことはできないのです。

片耳のbluetoothヘッドセットもここまできたか

片耳のbluetoothヘッドセットもここまできたか、という感じで結構気に入った。



どう見ても「ブランド名」以外は同じに見えるものがいくつか売っているようなのですが、その辺はとりあえず置いておきます。

で、このヘッドセットですが、耳にすっぽり収まって、耳の横に「出っ張っている」感がなくなったので、パッと見では気づかない人も多い事でしょう。まあ、私の場合は、そんなに見た目として「付けていない感」は気にしていなくて、耳に引っ掛けるフックとかがあってもよいくらいに思っているものの、耳の横にそれなりの大きさの物体が「通常の耳の領域」を超えてくっついているのは、やはり抵抗感を感じてたので、この「耳から出っ張らない」状態はなかなかなものと思っています。で、このくらいで耳に収まるサイズのものも、いくつか出始めてはいるのですが、これの場合、ゴムのイヤーピースを付けなくても使用できるので、「耳栓してる感」が軽減されたと思う。

元々、外出して電車の中とか歩いている時にヘッドフォンをする際に、コードが凄く絡まるのが、昔からすごくイヤだったので、もうかなり前からbluetoothのヘッドフォンを使用するようになっていて、そのうち、別に外出時にステレオで両耳で聞く必要もないなと思って、片耳のヘッドセットを使うようになりました。使ってみると、聞くだけでもそれなりだし、かかってきた電話にハンズフリーで対応できるのも結構便利だということに気付いて常用するようになりました。子ども連れている時とか手が空けずらい時も結構あるしね。

難点は、小さいので、失くしやすいし、ポケットに入れたまま洗濯してしまったりとか、いうことがありますが、全然高い値段ではないので、もはや消耗品として買い直していけるようなものになっていると思います。

このくらいまで来ると、従来からの「耳で聞く」形式としては、連続使用可能時間をどれだけのばせるかが改善の中心なのかなとか思ったりします。これで、約6時間くらいだが、その前に使っていたやつは3時間くらいだったので、倍ということはえらい違いではあります。

この大きさでもおそらくはバッテリーに占める割合が大きそうだし、もっと小さくするのは、耳に装着するにも厳しいものがありそうな気がします。

そんな感じでこの辺は時々見ていきたいと思っております。
 

Googleマップの徒歩ルート検索は結構使える

最近、効率的に(?)運動する為に、通勤経路の一部の駅間を歩く、というような事をし始めたました。その際に初めて歩く所では、念のため、Googleマップで徒歩ルートを調べてみたりしています。

https://www.google.co.jp/maps/

表示されるルート自体は、時々かなり細い「裏道」に入ったりとか、そもそも「そこは道ではないのでは?」というような「あやしい」所はあるなあとは思いましたが、まあまあ参考にはなるので助かっています。
それよりも驚いたのは、表示される所要時間が結構正確だ、との印象でした。5~10分くらいの距離ならまだしも、40分とか1時間とかの距離でも、概ね表示された辺りの時間で到着することが多いです。途中のルートは、信号待ちがたくさんあったり、坂道のアップダウンがあったりと、歩くペースもそんなに一様ではないものの、表示される所要時間にプラスマイナス数分の範囲で到着している印象です。

だいたいは都心とかなので、たぶん最もデータが集められているところでもあるのか、とは思います。
また、ある意味では、私の歩くスピードがものすごく「一般的」というか「標準的」ということなのかもしれません。すごく早歩きなわけではもちろんないけど、その辺を歩いている人を追い抜いていく事は多いと思いますので、そういう意味では「ウォーキング」として一人で淡々と歩くペースにちょうどよい、ということかもしれません。

ちなみに「ナビ」もあるようですが、こちらは本当に「まだまだ」な印象です。

そんなわけで、東京は結構「坂が多い」ということを知識としてはわかっているつもりではいましたが、実際に自分の足で歩く事であらためて実感しています。(まあ、私の出身の埼玉とかに比べれば、という話だと思いますが)

誕生日

やはり今年も誕生日はやってきたようでした。

昨年は「本厄」ではあったものの特に大きな問題もなく過ぎ去ったのは何よりだったと思います。健康診断では「要経過観察」の項目はこれまでで最多となったものの、その後に始めた筋トレ等の運動とか節食とかがかなり習慣化できてきたせいか、 最近はむしろかなり体調が良い感じがしています。
6~7年前は週1回週末にジムに行って、結構ハードに追い込むような運動をしていたことはあったのですが、その時よりも最近やっている毎日の習慣としてのライトな運動の方が効果があるのではないかと思えます。
そんなわけで、「ジム通い」とかせずに地味な活動によって肉体改造をどれだけできるかという「人体実験」中という所です。こんな日々の地道な事が継続できるのも、昨年の「育休中」の子どもの成長を日々見ていた事の影響が大きいかなと思います。

将来に向けた取組とか活動の事なども、もちろん何も考えていないわけではないですし、数年前に考えていたほどに物事はうまくは回っていない、進んでいないものではありますが、まあ日々自分にできることをコツコツとやっていこうか、という感じで、あまり「焦り」という感じはなくなってきたように思います。これは最近意識しはじめた瞑想の効果なのでしょうか?「今を生きる」ということは将来の事とかを何も考えないということではなくて、たぶん、将来の事とかは考えるべき時には集中して考えて、それ以外の時には無駄に考えない、思考というか妄想だけを巡らせたりしない、ということなんだろうな、という気がしてきています。

何の話をしているのかよくわからなくなってきました。
ともかく、今後ともよろしくお願いいたします。 

瞑想の具体的なやり方の本 『実践ヴィパッサナー瞑想』

最近は「マインドフルネス」などという言い方で注目されたりしているようですが、私自身も瞑想をすることで頭の中を「すっきり」させたりとか、良い効果はありそうな予感はしていたものの、例えば「自分の呼吸に意識を向ける」とか言われても実際の所どうすればいいのかよくわからない気もして、雰囲気だけではなくてもっと具体的なやり方を覚えたいと思い始めていました。それで、瞑想のやり方について具体的に書かれた本とかないかな、と思って見つけた本がこれでした。
Kindle Unlimited対象にもなっています。



第1部 瞑想の力 心が育つと人生はうまくいく
第2部 苦しみの原因 なぜ、心は悩むのか?
第3部 慈悲の瞑想 今からすぐに幸せになれるやさしさの瞑想法
第4部 知恵の瞑想 悩みなく生きるためのヴィパッサナー瞑想法
第5部 困ったときのQ&A すぐに解決! 瞑想の疑問

この著者のお名前はかなり以前から聞いたことはあったものの、本を読んでみたのは初めてでした。

「ヴィパッサナー瞑想」については第4部に書かれていて、ここが本書内でも最もボリュームのあるところ。「立つ瞑想」とか「歩く瞑想」とか「座る瞑想」とか、色々な瞑想のやり方が具体的に書かれていて、わかりやすい。「食事の瞑想」なんてものもある。
ただ、読んでみてやり方を理解した気にはなれるけれども、実際にやってみるのはかなり大変だと思う。そりゃあ、まともにうまくできるようなったら、「悟り」を開けてしまうかもしれないものだから当然かもしれない。

瞑想へのとっかかりとしては第3部の「慈悲の瞑想」から始めてみる方がよいと思った。こちらは比較的に簡単に取り組めるものだなとの印象です。

本当に人間はほっとくとすぐに「あれやこれや」と無駄に考えてしまう。そういう「雑念」を取り除くために瞑想をする。過去の事や未来の事を過度に考えるのはやめて「今を生きろ」というのは、自己啓発的なお話としてもよくあることだけれども、そうできるような心を鍛える為に瞑想は効く、ということなのかなと思います。

とは言え、何かの具体的な効果を期待してやるのはダメで、
どんな結果があるのかなあ、といった感じでトライしてください。
とのことで、これがむしろ私が瞑想をやってみようと思った時の感覚そのものだな、と思いました。

というわけで、日々精進です。

税金がクレジットカードで払えるようになっている

「確定申告」の季節ですね。

ここ数年は「確定申告した」みたいな記事は書かなくなっていましたが、もう当たり前の事として毎年実施するものになっています。で、特に目新しいこともなく、ただ粛々と作業して終わりという感じなので、特に書くこともないな、という感じではありました。

今年も特にないですが、まあ比較的早めに終えられたな、とは思います。 
しいて言うなら、今回からマイナンバーを入力するようになっていた、ということくらいでしょうか。

私は「フリー」とは言うものの、法人化して会社からの給料という形になっていて、そこで源泉徴収もしているので、個人の確定申告としては相変わらず「還付申告」ではあります。

で、タイトルの件。

国税クレジットカードお支払サイト

いつからできるようになったのか、正確なところは知りませんが、「やっとか」というのが最初の率直な感想でした。
しかしながら、よくよく見ていくと

納付税額に応じた決済手数料がかかります

なんて事が書いてある。

一般的なクレジットカードの加盟店の場合、手数料を客に負担させるような事は、(建前上は)してはいけないのだと思う。(実際には現金支払の場合に、値引を大きくするなどして、実質上はカード手数料を客に負担させていることにはなると思うが)

様々な経緯・事情があるにせよ、この「国だけ」の特別扱いぶりが衝撃的。

しかも、その手数料は結構高い印象。サイトのトップページでも「試算」ができるが、だいたい納付税額の0.8%強くらい。
もし銀行に納付に行くとすると交通費がかかるからその代わり、と考えるなら全然割に合わないだろう。
もしカードのポイントとして1%程度がつくのなら、それで「トントン」という所でしょうか。

いずれにしても普及させようという気があまり感じられない、との印象です。

銀行に納付書を持ち込んで支払をしても、銀行からは手数料はかかっていないよなぁ、ということを考えると、筋が通っていない感じもする。

また、国から受託してサイトの運営しているということなら、その委託・受託に関する部分でそれ相応の支払も国からされるのだろうと想像するし、その上で利用者(納税者)からも手数料を取るかたちになっているわけで、何だかなぁという印象ではあります。

e-Taxを使っているなら、そこから電子納税としてインターネットバンキングで支払う事は可能なようなので、私的にはそっちの方がよい、というかそれで十分のではないかとの印象を受けました。

これも「過渡期」的なものなのかな?とも信じたいので、徐々によくなっていけばよいと思います。
 

『投機学入門』を読んだ

Kindle Unlimitedの中で何気なく読んでみたのだが、これなかなかよかった。


 
「投資」ではなく「投機」というとギャンブル的なものと一般的に思われがちだが、儲けを得るための「機」を見て資金を投じる、ということでは、「投資」と「投機」に本質的な違いはない、と言っていて、私もそのように考えていたところはあるので、これを読んであらためて意を強くしました。

私も以前は、特に「アベノミクス」より前の相場が低迷していた頃は、保有する投資信託等の評価額の下落分を補える程度には、株のトレーディングである程度は利益を出せていた時期はあったなあ、とは思うものの、この数年間はすっかり株のトレーディングをやらなくなっていた。
なぜかと言えば、自分の考えた通りにやるための仕組み作りが十分できていなかったので、本業が忙しくなってきた時に、日々そんな手間暇かけていられなくなった、というところだったと思う。

で、最近また少し再開したい気持ちが高まってきていたので、そんな折にこの本が目に留まった、というところだった。自分がやろうとしていることは、そんなに間違ってはいないんだな、と考えることができて、そんな自分を後押ししてくれるような内容ではあった。
ともかく、今度こそは「仕組み作り」をしっかりやったうえで、あらためて挑戦したい、とは思っている。

トレーディングと言えば、最近はもう「ロボット」による高速取引とかも当たり前なのだろうから、「ザラ場」でのデイトレードとかで人手で立ち向かうのには無理があると思うし、そもそもそんな時間とれないし、とりたくもないし、とも思う。なので、そんなところと真向勝負しないような形で、自分なりのルールを確立してやれるようにしたいと、改めて思いました。

ところで、本書については、基本的には良い内容だったな、と思うものの、後半に行くほどに「タイポ」がひどい。こんなに「タイポ」が多い本は見た事がない、と思うほどだった。パソコンのキーボードの配置を思い浮かべて、「本当はこのように書くつもりの所を間違ったんだろう」ということが想像できる箇所が結構あった。著者自身も一度書いたものを読み返していないのか?とか思うし、出版社とかの関係者含めて、誰もチェックしていないのか?と思いました。

ともかく、本書内にも書いてあるのだが、株式市場では日々何兆円という取引がされているところなので、そこで「川から水をすくう」が如く、自分に必要な程度に利益を得ようとする事は、悪い事ではないよ、とあらためて思います。




記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
AdSense
Amazon


  • ライブドアブログ