The Way to Nowhere

あるITエンジニアの雑文。

Rubyを仕事に使うべし!

Rubyを仕事に使うべし!

JAVAの事はかなり以前にちょっと「かじった」程度で
本格的に使ってみた事はないのだが、
少なくとも企業の業務アプリケーション開発への展開・普及は
ちょっと難しいだろうという感覚は以前から持っていた。

しっかりとしたものを作れるスキルを身につける為には
やや敷居が高い気がするからだ。
つまりは、十分な技術者の確保・育成が難しく、
開発や保守のコストもかさんでしまうので、
ユーザ企業として全面的な採用は難しいだろうという事である。

Rubyだったら、替わりに(?)普及できる可能性を秘めていると感じた。

自分の周りではまだ全然、雑談の話題にすらならないけどね。

Windows Vistaが「最後のWindows」になる

ITproの記事。

Windows Vistaが「最後のWindows」になる


センセーショナルなタイトルなので、思わず読んでしまったが、
要するにMicrosoftはソフトウェア企業としてのビジネスモデルを
変えていかざるを得ないという事らしい。

どんなに劇的な変化が起きたとしても、
Windowsが駆逐されてしまうような事態はそうそう起こりえないだろう。

ついに実稼働が始まったオープンソースERP

ITproの記事です。

ついに実稼働が始まったオープンソースERP


確かにね。業務アプリケーションのオープンソース化は、普及さえすれば、
OSやミドルウェア以上に効果は大きいのは、直感的に理解できる。

今日も仕事で会計システムにおける自動仕訳の処理結果を検証していたけど、
こんな単純な振替仕訳の処理なんて、このプロジェクトで初めて作るわけがない、
今まで同じようなプログラムをどれだけの人が書いていたのだろうと、思いながらやっていた。

特定企業向けの大きな開発プロジェクトがあるたびに、
ピーク時に投入できる人の数が大きな課題となり、
初心者やセンスの乏しいプログラマが大量に投入されるから、
質の悪いプログラムの生産が繰り返し行われてしまう。

それで後工程までプロジェクトに残る「少数精鋭のメンバー」にそのしわ寄せが行くのだ。
スキルのない人ほど早めにプロジェクトを外れるから、そういう人達は、後工程、
特に実際の運用に入ってから起きるような問題を経験する事ができない。
その為、次のプロジェクトでも同じように、後工程で顕在化する問題を内包した
プログラムを作り続けていくのである。

特に会計などの業務アプリケーションに必要な機能は
会社による違いなんて、ほとんどないはずなのだ。
新しく作らないといけないものなんて、本当はそれほど多くないはずなのだ。

だから、ERPパッケージの導入が進んだのだろうけど、現場サイドからは
これほどにカスタマイズしていて、パッケージ入れる意味がどれだけあるの?
と思うことがよくある。

カスタマイズやアドオンが多くなるのは、「既に存在し使えるもの」の知識が足りないか、
「既に存在し使えるもの」として扱う為の工夫・アイディアが足りないのだと思う。

話がだいぶそれてしまったが、業務アプリケーションに関しても
「既に存在し使えるもの」としてオープンソースを研究することは有意義な事だと思う。

迷惑メール

一時期はかなり減っていたのだが、最近また会社のメールアドレス宛の迷惑メールが増えた。

英語で、時計とかソフトウェアとかバイアグラなんかの購入を勧めるような内容が多いが、
いずれもどこかのサイトへ誘導しようとしているもののように見える。

中には差出人のアドレスも、うちの会社のドメインになっているものも結構多い。

きっと迷惑メールフィルタをすり抜ける為にやっているんだろうね。
迷惑メールを送る側のテクノロジーというかツールがどれだけ発達しているのか知らないが、
SMTPを直接コントロールすれば大した事ではないのだろうと思う。

仕事や生活に支障が出るほどではないが、
会社のメールアドレスなので、そうそう変えるわけにもいかないし、どうしたもんかねぇ?

台風がやってくる

台風9号が関東に接近・上陸するかもしれないそうで、なんだか雨も激しくなってきたみたいです。

明日は「早く帰れ!」命令が出るかもしれないね。

ハッカー気質

ITProの記事

資本主義のエートスとしてのプロテスタンティズムと,その次に来る社会の精神としてのハッカー気質

ヒトリノヨル

今週は妻が海外出張の為、平日の夜は一人です。

なんだか、ペースが掴めないというか、何時に寝ればよいのかわからない、
明日も仕事なのに際限なく夜更かししてしまいそうな、そんな不思議な感じです。

東京Web受付センタ

NTTの支払をクレジットカードに変更したいと思って、調べていると「申込書を資料請求しろ」とあったので、そのままウェブサイトから資料請求の申込をした。
そして、2~3日後に「NTT東日本 東京Web受付センタ」という所から資料が送られてきたのだが、
封筒の記載の所在地は「秋田県秋田市」。で、同封されていた申込書返送用の封筒の宛先は
「博多郵便局」の私書箱だと。

確かに、ウェブと郵便(又は宅配)のやり取りだけで成り立つ事なので、今時は東京である必要が全然ないのはわかるが、名前に「東京」って付けてる意味は一体なんなんだろうね?

携帯から

携帯からはどうなるのか?

Try again.

気を取り直して

気を取り直して、新しい実験の開始です。

どうなることやら。。。
記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
AdSense
Amazon


  • ライブドアブログ