The Way to Nowhere

あるITエンジニアの雑文。

2008年05月

足でギターを弾く

たまたま見てみた「Steve Jobs」のブログに載ってて見つけたのですが、これはすごいす。

YouTube - amazing guitar player


手でもこんな風には弾けないかもしれない。それは練習不足でしかないけど。

『ウェブ時代 5つの定理』とSteve Jobsのスピーチ

梅田望夫氏の『ウェブ時代 5つの定理』を読みました。
本当はだいぶ前に読み終えていましたが、なかなか感想が書けずにいました。

これだけ様々なビジョナリーたちの言葉を意識して集めるだけでも大変な事なのに、タイトル通り「5つの定理」という軸に沿って整理するのはもの凄く大変な作業だったろうなぁと思います。

そのおかげであまり労せずに様々な金言に触れる事ができます。

読後の率直な感覚としては、とにかくスティーブ・ジョブズが目立っていました。
Googleも「第4定理 グーグリネス」と1章を割いて書かれているのだけれども、最も印象に残ったのはスティーブ・ジョブズという感じでした。

特に最後に取り上げてたという事もありますが、2005年のスタンフォード大学の卒業生向けのスピーチの言葉ですね。

P.256-257

君たちの時間は限られている。
その時間を、他の誰かの人生を生きることで無駄遣いしてはいけない。
ドグマにとらわれてはいけない。
それでは他人の思考の結果とともに生きることになる。
他人の意見の雑音で、自分の内なる声を掻き消してはいけない。
最も重要なことは、君たちの心や直感に従う勇気を持つことだ。
心や直感は、君たちが本当になりたいものが何かを、
もうとうの昔に知っているものだ。
だからそれ以外のことは全て二の次でいい。--スティーブ・ジョブズ

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.
Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking.
Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice.
And most important, have the courage to follow your heart and intuition.
They somehow already know what you truly want to become.
Everything else is secondary.-----Steve Jobs



そして、もう一つ別の言葉も紹介した上で、

P.258-259
ジョブズのこの二つの英文は、何度も読み返して、覚えてしまってもいいと思います。そして興味を持ったらネット上で日本語訳の全文を読み、英文オリジナルを読み、録画映像も見るといい。そこから必ずや何か得ることがあると信じます。


というわけで「Steve Jobs」でググればすぐに見つかりました。

YouTube - Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address


で、こちらがその英文。上のYouTubeで聞くのとは微妙に言い回しが違う所が時々あります。でも、大筋では全く問題ありません。シャドーイングなどにも使えるかもしれません。

Text of Steve Jobs' Commencement address (2005)

スピーチの最後を締めくくる言葉が以下の通り。
Stay Hungry. Stay Foolish.

そうか!これはこのスピーチだったのか!

Stay Hungry. Stay Foolish.

I also wish that for myself.

引用文のスタイルを設定

引用文である事をわかりやすくする為に、本文中の
タグのスタイルに枠線と背景色を設定してみました。
引用文はこんな感じになる。

ただし今までの記事の大部分では強調()による斜体も設定していた。
なのでこんな感じなる。

こうなるとかえって、うざったい感じかも。

でも、それを直すには各記事を編集しないといけないで、とりあえずいいかな。

また一つ学習したという事で。

4月のミュージックランキング

今月も個人的なミュージックランキング。
相変わらずランダムシャッフルの結果なので、特別な意味はありません。
リンク先もAmazonで、曲名の方は収録されているアルバムへのリンクです。
ちなみに先月はこちら

1位: Hey Lord! by Helloween

1位: To Be With You by MR. BIG

3位: Paul's Solo by MR. BIG

3位: Generation Jedi by Fair Warning

3位: Dancin' Right Into The Flame by MR. BIG

...

しかし、古いなぁ。10年以上前から聴いているものが何も変わっていない感じだね。

4月の記事別アクセス状況まとめ

Google Analyticsによる本blogの4月の記事別アクセス状況(ページビュー)をまとめました。
ちなみに先月分はこちら

  1. Bloggerでトラックバックをできるようにする (2008/04/20)

  2. Google 急上昇ワード (2008/04/23)

  3. 「婚活」時代 (2008/03/09)

  4. Oracle 11g をインストールしてみた (2008/01/28)

  5. UNION と UNION ALL の違い - SQL (2008/02/18)

  6. 「成功本」を読む (2008/04/17)

  7. スーツを着る理由 (2008/04/19)

  8. 『成功本』の著者よりトラックバック (2008/04/28)

  9. 就職氷河期世代の自己責任 (2008/03/01)

  10. mixiがつまらない理由 (2008/02/14)


1位の「Bloggerでトラックバックをできるようにする」は、自分自身でblogのテンプレートをいじりながら何度も表示させて確認していたので、それがかなりカウントされてしまっていると思われます。

なので実質の1位は「Google 急上昇ワード」なのかと思います。
これはGoogle Japan Blogの記事でバックリンクが一番上に載っていたのが影響しているようです。
記事自体には大した事は書いていないので、すぐに戻ったり別のサイトに行ってしまうようですが、、、
バックリンクが載るのはわかっていましたが、これほどアクセス数に影響があるとは思いませんでした。

新しい記事ではないのですが、OracleやSQL関連の記事へのアクセスが結構増えました。
新人さんなどが調べる為にググっていたら、たどり着いた感じでしょうか。

何より4月のトピックといえば、『成功本』の記事について、著者本人のblogにリンクが紹介されて、トラックバックも頂いた事でしょう。

この1ヶ月でずいぶんblogっぽくなってきた感じです。
記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
AdSense
Amazon


  • ライブドアブログ