The Way to Nowhere

あるITエンジニアの雑文。

2009年08月

日経ビジネスもIFRS特集

日経ビジネスでも2009/08/31日号でIFRS特集のようですね。

内容的には「IFRSを適用した後にどうなるか?」という話なので、やっぱり経営視点というのか。
まあ、それが当たり前と言えば、そうなのかもしれない。

ただ実際に関係者が知りたがっているのは、もっと実務的な話として「IFRS適用をする為に何をしなければいけないのか」なんだろうなと思います。

e-Taxをやってみようと思いまして

相変わらずサラリーマンである事に変わりはないのですが、今年からは確定申告をしようと思って自宅からネット経由で申告できる「e-Tax」の準備を始めました。

方々で「面倒くさい」との批判が色々あるようですが、確かに面倒くさい。
私はIT絡みの仕事をしている事もあって、電子証明書とかの話はそんなに抵抗なく入れるけど、多くのそうではない人達にとっっては「なんのこっちゃ?」とわけがわからんだろうな、と思います。

それに住基カード、公的個人認証サービス、e-Taxとそれぞれにレイヤーが違っていて、順は追いながらも別々に手続きを進めなければいけないのも「面倒くさい」印象を増幅しているかもしれない。

こんな風にいろんな要素に分かれていることは、単に役所の管轄が違って縦割りだからとかいうことではなくて、より汎用的な基盤構築の為にこうなっているのは理解できないことはないのだが、大部分の人は結局この一連の仕組みはe-Taxでしか使うことがない事を踏まえて、手続きの仕組みを改善できたらよいのではないかと思う。

ネットからできるようにする方向性は変えられないはずだから、とにかく使って改善させていくしかないでしょう。

それにしても、衝撃的だったのはこれ。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
稼働時間 月曜日~金曜日の午前8時30分から午後9時(祝日等を除きます)

はあ?ネット上の窓口も平日しか開いていないのですか?

まあ、申告期間中は24時間利用可能になるようですが。

IFRSはいいネタになるかも

なんか昨日書いたIFRSの記事は、大した事は書いていないのに、このブログとしては結構なアクセスがあって、ちょっとびっくり。

英語も絡めて、もっとまともな事が書けるように取り組んでいけば、いいネタになるかもしれない。

頑張ろう。

ちなみにのIFRSフォーラムtwitterアカウントをフォローしたら、逆に私もフォローされた。

どういう事だろう。でもまあ、いいか。

「IFRSを英語で読め」と言われてもね

「煽り過ぎ」には違いないんだけど、なんか方向がちょっと違う話だね。

IFRS教育の肝は「英語で読んで考えて」 - IFRS 国際会計基準フォーラム
そのためには翻訳を使わずに英語でのIFRS教育が重要です。英語で読んで英語で考えて、英語で伝達をするという当たり前のことをまずは始めます。それをやらないといつまでもIFRSは分からないのではないでしょうか。IFRSでは英語の情報が圧倒的に多くなり、ドラフトなども英語です。現場では翻訳している時間がないことも考えられます。英語で考えていくしかないという場面もあるでしょう。企業内でもIFRSを英語で読んで理解する体制が必要です。

IFRSに限った話ではなくても、そういうのが「あるべき姿」とは理解しつつも、ほとんどの企業ではそんな事考えていられないのではないでしょうか。

コンサルとか、これ自体をビジネスのネタとする人にとっては必須の事かもしれないけどね。

2009年7月の記事別アクセス状況まとめ

Google Analyticsによる本blogの2009年7月の記事別アクセス状況をまとめました。

  1. Bloggerでトラックバックをできるようにする (2008/04/20)

  2. Virgin Killerのジャケット画像 (2008/12/14)

  3. ウェブメソッド買収で勢い:SOAによる基幹システム再構築に勝機 (2007/12/21)

  4. フォトリーディング練習中 (2008/05/24)

  5. Oracle 11g をインストールしてみた (2008/01/28)

  6. mixiがつまらない理由 (2008/02/14)

  7. UNION と UNION ALL の違い - SQL (2008/02/18)

  8. MR.BIGの武道館ライブに行ってきた (2009/06/21)

  9. 就職氷河期世代の自己責任 (2008/03/01)

  10. グロービスの『クリティカルシンキング』修了 (2008/09/22)


なぜか突然ランクインした3位の「ウェブメソッド」。全く意味がわかりません。
内容も大したことは書いていないし。
元記事のタイトルをそのままタイトルにしてしまっている事なども影響していると思いますが、
どんなキーワードで検索して来たのかも今となってはよくわかりません。

その他はいつも通りな感じですね。

グアムに行ってきた

夏期休暇ということで、4日間グアム旅行に行ってきました。

見事なまでに日本人向けによく作られた観光地という感じでした。
でも余暇なんだからこういうのも「あり」だと思いました。

学校が夏休みの時期という事も影響しているんだろうけど、
子供を含む家族連ればかりでした。
学校なんてまだ関係ないような幼児連れもたくさんいて、
「よくあんなんで行く気になるな」と思いましたが、
現地の「観光地ぶり」を見て、多少は納得しました。
ツアーも「こども半額」みたいな感じで比較的お金はかからないようだし。

天気はあまりよくなくて、ほぼずっと曇りか雨かという感じでした。

記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
AdSense
Amazon


  • ライブドアブログ