The Way to Nowhere

あるITエンジニアの雑文。

2013年02月

VMware Player 5.0をインストールしてみた

VMware Player がいつの間にかバージョン5.0になっていた。
で、自分のPCに入っているは3.0。という事でインストールしてみた。

機能的にはもともと個人的に使う分には問題なかったし、そもそもまだほとんど使っていみていないので、何かよくなったのかわかりませんが、以前突っ込んだライセンスの「非商用利用」に関して結構はっきりとしてきた感じではあります。

なんだかウィンドウのタイトルに「(非営利目的の使用のみ)」とか表示されるじゃないですか。

no title
 
で、商用利用は「VMware Fusion Professional」に付いているVMware Playerを使え、という感じになっているらしい。
Macとか関係なくてもそうしろと言っているようで、面白い展開になっているようです。

http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/overview.html
商用利用も可能となっており、VMware Fusion Professional のコンポーネントとしてサポート サービスが用意されています。

まあ大した値段でもないので会社で使うのなら買えば?という話ではある。

あと、「ソフトウェアの更新」通知で「VMware Workstation にアップグレードできます!」とか言ってくるのがちょっとアレですね。
そりゃあ、 わかっててPlayerの方を使っているわけなので。
 

円安で株高で

久々に投資関連の話。

私が話をするまでもなく今更ではありますが、昨年の11月後半くらいから「アベノミクス」とかなんとかで円安と株高の流れでポートフォリオが結構大変な事になっています。
うまくバランスとったポートフォリオを持っていても、日本株と外貨建て資産(株も債券も)は実態として為替が絡んだ相関関係がすごくあって悪い時はみんなダメみたいな、何のためにバランスとってポートフォリオ組んでいるだっけ?みたいな状況がしばらく続いていたんですが、ここにきて一気に逆の展開ときました。良い時はみんな良いと。

リーマン・ショック以降の株安と円高と続いている時でも地道にナンピン買いを続けていた事がここに来て一気に花開いたという感じであります。
なのでここは利益確定の為に 一旦売りとなるものが結構ありつつ、ファンドの一部見直しとかも絡めて買い直してまたバランス整えていこうという感じになっております。

株のトレーディングの方もこの上昇相場でそれなりに結果は出ていますが、なんか急過ぎてうまく乗れないみたいな時も結構ありました。
いずれにしても自分なりの取引ルール決めておくとあまり悩まなくて良いですね、というのを改めて実感。

この先どうなるのかはよくわかりませんが、また金融緩和の影響でどこかで「バブル」が起きるんですかね?
ただいくら円ベースで稼いでもインフレになったらねぇ...という懸念もあるにはあるのですがね。

e-taxで確定申告(2012年度)

数日前ですが、インフルエンザ休暇中で自分の体調はほぼ回復してもまだ出勤停止期間が残っていたのでその間に終わらせてしまいました。今年も還付申告なので。

で、今年の確定申告書等作成コーナーですが、医療費の明細がExcelファイルからアップロードできるようになっていた。これは大きな改善ですね。あのシステムを使っている中では医療費の明細入力が最も「ダルい」作業であったことは間違いないと思いますので。

Excelファイルで変な編集されて所定のフォーマットが崩されないように、かなり「ガチガチ」にロックがかかっている様は笑ってしまいました。
このフォーマット自体で何か整理するというよりは、別の何かで一覧整理したものをアップロードする時に項目の並びを注意してコピペして使うというのが現実的な感じがしました。
私自身が元々別のExcelで整理していたので、そんな感じでした。

それから3年前の株など投資関連の損失繰越は3年かけてめでたく全額相殺できました。
今回は最後の残りカスみたいな感じで税額への影響はほとんどなかったのですが。
これは税金うんぬんよりも過年度の損失と相殺して余りある程度に投資で着実に利益が出せているというのが良いですね。

また税務署からつっこみが来ませんように。
記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
AdSense
Amazon


  • ライブドアブログ