昨年10月以来でTOEICを受験してきました。
このblogにその記事を書くのも5回目です。

今回はリスニングのPart3とPart4では、マークシートに自分の解答がわかる程度のチェックだけ付けておいて、リスニングが全て終わった後にリーディング最初の時間を使って改めてちゃんとマークを付けるやり方をやってみた。
確かに次の問題を先読みしておく時間が取れてよかったと思います。
その分リーディングに使える時間が削られることになりましたが、それでも時間切れで回等しきれない問題数は今までと変わらなかった。
だからちょっとは進歩しているのかもしれません。

それにしても、今回はなんだか試験官とかの運営の手際の悪さが印象的でした。

3時に試験終了してから、問題と解答を回収して解放されるまでに20分以上かかっていた。

席は受験番号通りに並んでいるのだから、順番通りに集めて数を確認するだけだろうに、なぜあんなに手間取っていたのか全くわかりません。