Amazonアソシエイトの「個別商品リンク」で生成されるパーツだと「Amazonで買う」ボタンなどが表示されるのが、「美しくないな」と思って使わないようにしていました。
そうは言っても、やっぱり商品画像を掲載した方が見た目にもいいはず、とずっと思っていてやりたかったのですが、なかなかできないでいました。

で、やっとですが、以下の記事を参考にやってみました。

Amazon商品画像のカスタマイズ(理論編) - Shiz Labs

本当ならAmazonの公式なドキュメントを参照したいところなのですが。

とりあえず、ASINコードの調べが付けば、後は大きさの指定だけで、簡易にURLを生成して、表示も試してみるツールを書いてみた。いろいろと凝ってみてもキリがないし、実用上はこんなんで十分だろう、という事で。ちゃんと探せばもっと高機能なものはいくらでもあると思いますが。
HTMLでローカルに保存しておいて使う事にします。
Javascriptは見よう見まねで。もっとうまい書き方があるんだろうな...と思いつつ。



















Base Url:
ASIN:
画像サイズ:
サムネイル










気が向いた時には、過去記事にも商品画像を載せるように更新するかも。