すごい事があるもんだ。

livedoor ニュース - 双子の少女の片方がもう片方の胃袋の中で発見される
胃痛に苦しんでいる9才の少女を診察したところ、長さ約6センチメートルほどの胎児が彼女の胃の中にいることがわかったとのこと。この胎児はいわゆる双生児として本来は生まれるはずだったのに、もう片方(=現在9才の少女)に子宮内で吸収されてしまったらしい。これは50万分の1の確率で発生する現象だそうです。

ただ私としては、この事象そのものよりも、なぜ9才になるまでわからなかったのか、という事の方が不思議に思うのだが。