映画『つぐない』を見てきました。

イギリスの小説で、イアン・マキューアン(Ian McEwan)の『贖罪』(Atonement)を映画化したものです。

とても切ない物語でした。
ハッピーな話ではないので、そう何度も見たいものではありません。

戦争中の傷ついた兵士達の描写もかなり生々しい感じでした。

途中に何度も流れる、タイプライターの音を用いた音楽が印象的でした。

今回は事前に予告編とか全く見なかったのですが、
むしろそのおかげで物語に引き込まれていったような気がします。