e-taxで使う公的個人認証サービスの電子証明書の有効期限が切れるので、来年の確定申告までにはその電子証明書を更新しておく必要があった。今までは住民基本台帳カードのICに組み込まれていたのだが、最近始まったマイナンバーの制度により、今後はマイナンバーカードのICに持つことになったようなので、その為にマイナンバーカードの申請をしてみた。

申請の手続き的なところで「思うところ」も多少はあったのだが、それは置いておいて、マイナンバーカードでは、今まで住基カードで使用していたシャープの RW-5100 というICカードリーダーでは対応していないため使えない、ということがわかったので、対応している新しいものを用意しないといけないことになった。

で、対応機器の一覧が公的個人認証サービスのポータルサイトに載っているのでその中から以下を選んでみた。


長く使い続けられるのはNTTコミュニケーションズのどれかかなぁ、と思った。なぜなら、マイナンバーカードを受け取りに行った時に、役所はNTTコミュニケーションズのを使っていたようだったので。
ただ、どうせなら、PASMOの使用履歴とかも確認できるので、今までのように、e-taxの為に年1回だけ使うとかではなく、より日常的にも使えるようになるだろう、ということで、SONYの RC-S380 にしてみた。まあ、金額も大した違いはなし、これで十分ではないかと個人的には思います。

今までの住基カードの場合、対応しているICカードリーダーは自治体によっても違いがあるというヒドイ有様だったようで、現実的にどの程度の違いが発生していたのかはわからないが、その状態に比べたらマイナンバーカードで対応機器が統一されるということは、いくらかマシな状態にはなるのだろう。

ただ過渡期ということもあり、ICカードリーダーの商品説明等として、単に「e-tax対応」とか書かれているだけだと、妥当なものかどうかは判断できない、ということになっているのと思われます。

対応機器一覧とかをちゃんと見て考えろ、ということかとは、思います。