あまり使用頻度は高くないのだが、USBメモリに関するメモ。

少し前に Windows10 をUSBメモリから再インストールしないといけない事案がありまして、MediaCreationTool からUSBメモリにWindows10のインストールメディアを作成しました。Windows10のインストールメディアとしては3GB程度あれば足りるのですが、偶々その時に手元にあって使いまわせるものが128GBのものしかなくて、仕方がなくそれを使ってその場はしのいだのですが、その用は済んだのでその128GBのUSBメモリを当初の用途に戻そうと思ったところ、そのドライブの容量が32GBになっていました。

で、「ディスクの管理」 画面で見ると、確かにディスクとしては約128GBあるのだが、パーティションが32GBになっている。
USBメモリのパーティション操作不可_20160919

まあ、FAT32だから、そりゃそうか、と思いつつ、全容量を使えるように一度そのパーティションを削除しようにも「ディスクの管理」画面からは削除できないようでした。
ちなみに空いている領域へのパーティションの作成とかもできない感じでした。

で、ちょっと調べてみたところ、コマンドプロンプト操作になるが、diskpart を使えばできるらしいことがわかった。
手順はまさにこちらのサイトに記載の通りかと。

EFIシステムなど削除できないパーティションを手動削除する方法

diskpart でパーティションを削除した後は、「ディスクの管理」画面からはディスクとして全く未使用の状態ならば、パーティションの作成はできるようになりましたが、作成後はまたすぐにパーティションに関連する操作はできなくなるようでした。

それにしても、なぜ、あえて「ディスクの管理」画面からできないようにしてあるんですかね?まあ、USBメモリなんて、だいたいが使えるサイズでパーティションを作ってフォーマットもされて出荷されているものなので、USBメモリのパーティション操作が必要になるなんて、そうめったにないとは思うので、別によいのですが。