iTunesで取っておいたiPhoneのバックアップから、訳あってiPhone自体のリストアはせずに、その中の写真とかだけをPC上で取り出したい、という話。

色々とツールがあるようなんですが、大体がどんなものがバックアップに含まれているかをプレビュー的に見ることはできるが、実際に取り出すとなると有料となるものがほとんどのようなんですね。

たとえばこれとか。
【公式】PhoneRescue® for iOS - 失われたデータを復元する


そんななかで、先日のPCのSSD換装でも役に立ったEasUSから出ているツールでは、無料版でも写真1枚ずつなら取り出せるようです。

Windows用の無料iOS端末データ復元ソフト - EaseUS MobiSaver Free

とはいえ、1枚ずつなんて、とてもじゃないが、やっていられないです。
画面操作を自動化したらあるいは、、、とか一瞬考えましたが、そもそもどこが出しているツールもそれほど高額ではないので、必要なら買ってしまった方がよいと思います。

それにしても、これほど似たようなソフトがたくさんある状況から察するに、使いやすいUIとか機能の汎用性とかにこだわらずに、その時に自分がやりたいことだけを実現するためなら、自作もできるのではないか?と思いました。とはいえ、その辺りの技術情報はさすがにパッとは見つけられず、時間切れで今回はやめました。GitHubなんかには、その手のチャレンジをしていて参考になりそうなものはいくつかありそうではありましたが。