最近は「業務の効率化」とか「生産性の向上」とかを意識してなのか、あまり時間をかけないのだけれども、結果的には単に「雑な仕事」になっているだけではないかと思う事案が多くなっている気がする。

しかしながら、それでも「それなりに優秀な人」達同士だと、そんな「雑な仕事」の投げ合いであっても、「それなりに」うまく回るのだ、という事も合わせて目撃するようになってきた。一つ一つ作業が「雑」なので、全体的に通して効率がよいわけではないようにも思うが、関わっている人が「わかる人」だと、各自のゴールに近づく為に必要なリアクションをとってくれるので、それなりに回っていく、という感じなんでしょうかね。


そういう場合には、ともかくなるべく早く「終わったこと」にして、自分の手から放していく、という事になるわけで、まあ実際のところ大量の仕事を捌くには、少なくとも考え方としては、そうするしかないのかな、とも思う。

まあ、こういうのも

Done is better than perfect.


というやつになるんですかね。

また、「どの程度雑な仕事の振り方が許容されるか」は相手によるので、本来はその辺の間合いを相手により微妙に調節しながらやっていくものだと思う。つまり、雑に仕事を振っても「できない人」にはできない、という事。で、その辺の相手による微調整をあまりしていないな、と感じる時に、「雑だ」という印象を受けるのかもしれない。