The Way to Nowhere

あるITエンジニアの雑文。

生き方

会社を辞めました

既にちょっと間が空いてしまいましたが、先日の12月15日を以って16年8ヵ月勤めた会社を退職しました。
今後はフリーランスのエンジニアとしてやっていくつもりですが、一応法人としての体裁は作ろうと思っております。

一般的には別に名の知れた会社とかではないので、そこはまあ私の事を直で知っている一部の人だけ分かればよいかと思いますが、そろそろ自分自身の記録としてブログにも書いておこうかと思った次第であります。

最近方々のブログで「退職エントリ」が書かれているのをGunosyとかから流れてきて時々見かけますが、そういうので色々書いている人って結構若くて、働いてまだ2、3年なんだけど、仕事や会社や業界のことなど様々な事についてそれなりに鋭い洞察をしていたりして、大したもんだな、と思ったりしてます。

私なんかはここまで来るのに16年8ヵ月もかかってしまいましたからね。いや、ヤバイわ、、、

技術の事だけではなくて、経営戦略とかマーケティングとかの勉強をしたり、SIerの業界の問題点とかを色々と考えたりもした上で、自分自身のやりたいこと/やりたくないこと/得意なこと/苦手なことなどを様々考えた結果、私の場合はフリーのエンジニアみたいな感じで独立するのが一番良いのだろう、と考えたのは、もう何年も前の事なのですが、色々とタイミングは図っていたら、ここまで引っ張ってしまいました、というところです。

「人月商売」の観点しかない状態では、どうしても稼働率を高める事を追求していかざるを得ないので、自分の専門性を深堀りしたり、自分自身で考えた新しい事にチャレンジしたり、という事がとてもやりづらくなってきているというのは感じておりました。

そうは言っても、SI仕事自体は色々と内容や形は変わってもなくなることはないと思いますし、そんな中で一定以上のスキルのある人を「期間限定で欲しい」っていうニーズはむしろ益々高まっていくのだとも思います。正社員である必要なくなっていくよ、って話でもあります。 要するにフリーランスで良いでしょう、と。

とは言え、いきなりフリーランスになるという決断はできずに、転職含めて色々とキャリアパス的なものを模索していたのですが、リーマンショック後の人余り状態とIFRS強制適用という流れの中で、Oracle EBSのSLA/FAH(Subledger Accounting / Financial Accounting Hub)絡みのツール開発と販売という話が出てきたので、それで単なる受託ではない今までとは異なるビジネスモデルが作れるかも!ということで、これがやれるならもうしばらく会社にいてみようかと思ってやっていました。

このプロジェクトは他ではなかなかできない経験をたくさんさせて頂いたと思いますが、結果的にその試みはうまくは行かず、「普通」の仕事に戻ることになりました。直接的には震災後にIFRS強制適用が事実上延期となったから、ということなんですけど、でも、それだけではない、と色々と思う所はあります。

そんなわけで自分がそういう「特別な」事ができる状態ではなくなったので、以前から考えていた通り会社は辞める事に決めました。既に携わっている案件は全うした上で、ちょうどキリのよいのがこのタイミングとなったのでした。で、今さら転職とかもうないなー、とも思いました。

フリーになっても当面の生活していく為の仕事内容はあまり変わらないとは思いますが、その辺りうまくやりくりしながら、新しい事にもチャレンジしていきたい、と考えております。

私自身のバックグラウンドとしてはOracle EBSのFinancials関連の経験が長くて、特にSLA/FAHに関しては内部構造を自力でかなり調べた上で、某大手製造業のプロジェクトでは様々な要件をクリアする為に実践もしたので、非常にニッチな領域ではありますが、実際のプロジェクトの現場に入るようなポジションにありながら、私ほどに詳しい人間は中々いないだろうとは思っています。その時からはちょっと時間が経ってしまったので、その後それなりに経験者は増えたとは思いますけどね。

今後については別にOracleとかEBSとかこだわるつもりは全然ないです。そもそもOracleがEBSとかFusion Appsとかどうするつもりなのか、表向きには色々言っていますけど、実際の所どうなっていくのかもよくわかりませんしね。もちろん仕事のオファーがあって自分が空いていればやるとは思いますけど。
 
なので、そんな感じで日銭を稼ぎつつ、研究開発的な活動も継続していって、何かしらイケてるソリューションを作っていきたい、とは考えております。

というわけで、そんなにすごい若いわけでもなく、勢いとか情熱とかだけではなくて、打算も含めていろんなレベルでいろんな事を考えた上での、おっさんの決断であります。中学生の時に何かで「サラリーマンにはなりたくない」と書いていた事が思い出され、感慨深いです。私はこういう決断をしましたけど、みんながみんなそうすればいいとか全く思いません。とは言え、自分の人生は自分の選択の結果だという認識だけは持ってた方がよいだろうとは思います。 

今後ともよろしくお願いいたします。
 

ノマドと社畜 ~ポスト3.11の働き方を真剣に考える
谷本真由美(@May_Roma)
朝日出版社
2013-03-09


『空白を満たしなさい』を読了

自分と同年代の平野啓一郎による小説。
普段は小説自体あまり読まないのですが、インフルエンザ休暇中にKindle版で一気に読了。

読みたいと思った瞬間にすぐに読み始められて、やっぱりKindleというか電子書籍は便利だね。


空白を満たしなさい



この作品、30代半ばにして1歳ちょっとの息子がいて
「ワーカホリック」でという主人公の設定だけでも
自分にピタッとハマっているのだが、
ちょうど「激務」が続いていた所にインフルエンザにかかって
休養を余儀なくされた所で何気なく読んでみた、
というタイミングがまた絶妙だったなぁ。
本作のテーマとは若干ずれるかもしれないが、
もともと色々と思っているコトはありつつも、
働き方とか基本的な所から考えさせられた。

また、自分も含めて人間の「多重人格性」みたいなものには
以前から「あるのが普通だ」くらいに思う所はあったので、
「分人」という考え方は一定の説明を与えてくれているように思えた。
自殺者の心理の分析(?)としても、
自分の中の「健全な分人」が「病んだ分人」を消そうとする、
というのはありそうな事に思える。
本作品内でも言及されている通り、無理に消そうとするのではなくて、
「見守る」というのが妥当な対処なんだろうなというのには納得。

「生きる意味」や「死ぬ意味」みたいな事も
忙しさに「かまけて」久しく考えていなかったな、と思った。
いや「生きる意味のなさの絶望感」なんかは中高生くらいの時に
比較的単純な楽観主義的発想でとっくに乗り越えたんだが、
「死」に対してどう向き合うという方が今は切実な問題ですね。

とはいっても小説だし、別に答えが書いてあるわけでもなく、
こういったことの答えは自分で見つけるものではあります。はい。

いろいろ難しいコトを書いたかもしれませんが、
普通に「SF的」とか「ミステリー的」に面白い、というのが大前提ではあります。

2012年の終わりに

昨日深夜まで仕事でバタバタしておりまして、ゆっくり振り返っている余裕もないのですが、もうすぐ2012年も終わりということで1年締め括りの独り言を。

今年は仕事を中心としていろいろと不本意なことも多くあった気がしますが、これも自分が向かおうとする方向への後押しなのかなと考えるようにしています。
少しずつではありますが以前から考えていたことも実行に移して実現できている面もありますので、来年はもう少し大きな一歩を踏み出せればよいなと考えています。

昨年の同様の記事がまだトップページに残っているほどに今年は全然記事をアップできませんでした。
ブログを書くのはしばらくはほぼ諦めていたので承知の事ではあるのですが、もう少し落ち着いたらなんとかしたいと思っております。

来年もよろしくお願いいたします。


誕生日

0時まわって日付変わってしまいましたが、3月20日の誕生日は今年もやってきておりました。

昨年9月に子どもが生まれて から、自分の誕生日を迎えるのは初だったわけですが、家で子どもの相手などしつつまったりと過ごしました。

それにしても、本当に40歳がかなり具体的に見えてきたなーとか思ってしまいました。
先日ベンチャーカフェの「SIerでのキャリアパスを考える」とかいうイベントにも参加しまして、色々と考えることもありました。
イベント自体としては運営会社の性質などもあって「Web業界」も選択肢として考えてみたら、という感じもあったりして、ちょっと自分はここに参加するには年取りすぎかなとか思ったりもしました。ひがさんのキャリアの話とか「参考になる」というよりは共感することが多々あったなあという感じで。まあテーマがテーマなだけに難しい面もあるんですが、SIerのビジネスとしてこれからどうすんの?的な部分をもっと少人数で熱く語れる場があったらよかったなとか思ったりもしました。イベントの内容自体はいろんな所でまとめられていますので、そちらを適当に参照して頂ければと思います。

GoTheDistance - 「SIerでのキャリアパスを考える」というイベントに登壇しました 
joker1007の日記 - ベンチャーカフェ第2回「SIerでのキャリアパスを考える」に参加してきました 
小野和俊のブログ - SIerでのキャリアパスを考える勉強会に参加してきた 


そんなわけで誕生日迎えて、そろそろ本気出すか、とか思ったりしましたwww。

 ある意味、いつも本気ではあるのけどね。もう少し違う視点からという意味で。

2011年も1年間お疲れ様でした!

まだ後2日ありますけど、諸事情でもうPCは触れなくなりそうなのでこの辺で1年の締め括りを。

世の中的にはやはり3月の震災に端を発し、その後の原発事故とか節電とか色々ありましたが、
私個人としてはやはり子どもが産まれたというのが一番の大きな出来事ではありました。
なんだかんだ言っても、自分の中での優先度が色々変わってきますよね。
このブログ自体が中々更新できていない言い訳もその辺になってくるわけですが。

仕事関係でも1年前には思っても見なかった展開となりました。
まあだいたいが1年スパンでみて「思った通りに」なる事なんてないんですけど。
ともかく久々に客先現場のプロジェクトに入ることになって、
やはり現場でやらないとわからない色々な事を学ぶ良い機会になったと思う反面、
システム開発プロジェクトの現場は相変わらず悪い意味で変わっていなくて、
大規模プロジェクトになるほど「デスマーチ」的になりがちなのが相変わらずだというのも改めて実感しました。

また出入りするのもそれなりの大企業という事もあり、
ネット界隈などで「日本オワタ」とよく言われている日本企業の有様について、
「ああ、あれはこういう事を言っているのか」と実感できた事も多々ありました。
ネット界隈で言われるのはある種の極論が多いので、
必ずしもその通りには受け取るわけではありませんけど、
やはり「何だかなあ」と思うことは多々あるわけですね。

普段あまりブログを書けていないせいか、一度書き出すと何だか話がまとまりませんね。

まあ世の中いろんな人がいろんな思惑で動いているので、
自分の思う通りには中々いかないし、ましてや社会をどうこうしようなんて事は全く思いませんけど、
ともかく自分のやりたい事ややるべきだと思う事を実現すべく、
一つ一つ行動していくしかないのだな、と改めて思う年の瀬でありました。

来年もよろしくお願いいたします。

IMG_0246_1

Steve Jobs passed away

スティーブ・ジョブズが亡くなった。

Steve Jobs 1955-2011
Apple has lost a visionary and creative genius, and the world has lost an amazing human being.

私は10月6日の朝の通勤電車の中で見てたTwitterのTLで知りました。
それ以降、私の見てるTLはジョブズの話題でいっぱいになっていました。
日中は仕事に追われて、しばし忘れてましたが。

で、前にも一度書いてましたが、伝説のようになったスタンフォード大学の卒業式でのスピーチを再掲。

Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address


実はこの3年以上の間、ほとんど毎日のように朝の電車の中などで聞いていたりする。
とくに "Your time is limited. ~" のくだりなどは何度も繰り返して、自分に言い聞かせてる感じで。
でもそんなに身にしみて自分の行動には反映されていないかもしれないけど。

So I will live my own life with hunger and foolishness.


あわせて読みたい:
『ウェブ時代 5つの定理』とSteve Jobsのスピーチ

誕生日

誕生日だからといって毎年何か書いているわけではないですが、なんとなく。

3/20と言えば、「地下鉄サリン事件」とか「イラク戦争開戦」とか時々なんか起きてたりするわけですが、今年もピンポイントでは大きな事件は起きずに済んだなあという感じです。

とはいえ、3/11の大地震以来、いろいろとまだ落ち着かない日々ではありますし、これからの日本はどうなってしまうんだろうか?などと思ったりもしますが、地震が起きる前のなんだか出口の見えない閉塞感いっぱいな感じと比べると、これをきっかけに良い方向に持っていけるんではないかと思ったりもしています。

個人的には今までとあまり変わらずにマイペースで頑張って成長していこうと思うしかないな、と思っています。

ともかく今日は変に自粛とかしてもいけないと思うので、外食とか買い物とかしてきました。
普段どれだけケチなんだという気もしますが、それなりに金使った方だと思います。

というわけで、今後ともよろしくお願いいたします。

追記1:
後から気づいた事で日本ではそんなに大きく報道されていないのかもしれないけど、本日「多国籍軍がリビア空爆始めた」とか言われてる。「イラク戦争2.0」なんて話もあるみたい。数日前から進んでた話らしいけど、ある意味ではまたこの日に「戦争」が始まったとも言えるわけですね。

2010年も1年間お疲れ様でした!

すっかり忘れていたが、1年前にもこんな事を書いていたようなので、今年も何か書いておこう。

今年も1年間お疲れ様でした!
その変化はまだ始まったばかりで、来年もさらに大きく続いていくと思う。

もちろんいろんな意味では変化は続いているのだが、1年前に思っていたところはもう1歩足りてない感じでしょうか。

「変わらなきゃ」とか自分で言ってる状況ではまだまだ甘いということかな、とも思います。

年が明けたらまた色々と目まぐるしく動き出して、そんな事ボーっと考えている余裕などなくなるかもしれません。
そんな風にして全力で走っていった先に何が見えるのか?を楽しみにしていたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

『君がオヤジになる前に』

堀江貴文氏の「君がオヤジになる前に」を読んだ。

「オヤジ」というのは単純に年齢のことではなくて、「あらゆることを、より良き方向へ改善しようとすることを放棄してしまった者たち」を表す言葉として使っており、それを別の言い方をすれば「思考停止状態」という事であり、要するに「オヤジになるな」、「思考停止するな」というのが本書のテーマである。

君がオヤジになる前に


25歳から35歳までの年代別に一般的ありそうな悩みや不安に対して提言という形を取っている。
そういった企画そのものは今までとは違うし、例としてあげる具体的な話は新しい事もたくさんあるけど、基本的にそのシンプルで合理的な考え方は、他の著書やブログ、メルマガなどを読んだ事があれば、特別新しくはなくいつも通りという印象と思った。

一方で「38歳の僕へ」と題して彼なりに悩みながらも前進している姿を晒しているのは、とても新鮮でした。

ここと最後の福本伸行氏との対談が特に面白い。

個人的には福本氏の発言でこれが印象的だった。
サイコロの出目でいえば、日本人に生まれたというだけで、最初から6を出しているようなものじゃない。
確かにそうだな、と。努力次第でやりたいことがやれるようになる、その為の下地は日本には十分あるよね、と。

もちろん本書に書いてある事全てに同意はできないけど、まあそういう考え方もあるかと理解はできる。
「これを鵜呑みにしたらちょっと...」みたいな事を書いてあるレビューが散見されるけど、本を読んでその内容を「鵜呑み」にする事自体が思考停止だし本書の主旨とは違うと思うよ。

これもフローの一環と割り切って読んでみるのは悪くないと思う。

『大人げない大人になれ!』

成毛 眞氏の著書、発売されたのは1年以上前。
出た当初は多少気になりつつも、なんとなく内容が予想できる感じなので、あえて読まずにいたのですが、iPhoneアプリで出ているのを見て、今さらながらに読んでしまいました。

大人げない大人になれ!


著者の本としては以前に『本は10冊同時に読め!』を読んでいた事もあって、どんなタッチかは大体想像できた。
で、まさに想像通りというか、本のタイトルの通りで、「大人げなさ」を発揮してすごい事を成してきた人達の具体例がこれでもかという感じ繰り返されるわけです。

そんな中で、かのビル・ゲイツも大人げない人間の例として何度も登場するわけですが、意外なことに「ビル・ゲイツは彼の大人げなさをもってして、ビジネスでの成功をおさめたわけではない。」との断りが。
この辺の話があるからこそ逆に読んでよかったね、と思えたところでした。

ともかく好きな事、自分がやりたい事を突き詰めていきたいね、と改めて意を強くした次第であります。
記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
AdSense
Amazon


  • ライブドアブログ