The Way to Nowhere

あるITエンジニアの雑文。

独り言

『風雲児たち』を読んだ

このマンガHonzの記事をきっかけに『風雲児たち』を読んだ。

目が点になる歴史マンガ『風雲児たち』 - マンガHONZ

『風雲児たち』はみなもと太郎氏による日本の歴史漫画。
幕末・明治維新をターゲットにしつつも、物語は関ヶ原の戦いからはじまるという壮大なもので、しかもまだ続いている、つまりは幕末をまだ描ききっていないという状況。

で、これはちょー面白い!
歴史の教科書で、何年に何がありました、ってことが羅列してあることの裏には、やっぱり色んな人のドラマがあるわけで、そういうところにきちんと着目できるなら、歴史って面白いんだなと思いました。

風雲児たち 1巻 (SPコミックス)
みなもと太郎
リイド社
2013-09-20



風雲児たち 幕末編 1巻
みなもと太郎
リイド社
2013-11-22



ワイド版の1~20巻と幕末編の1~22巻をKindle版で一気読み、というか、数ヶ月はかかったけど、毎日ちょっとした合間を見ては読み進めてた感じだった。
この段階でまだ「桜田門外の変」の後あたりなんで、幕末っていうとまだまだこれからって感じが個人的にはしています。
早く続きが読みたい感じなんですが、とりあえず2周目に入ったりしています。

色んな人、要は「風雲児」が描かれていて、どれも印象的な人ばかりですが、私にとって特に挙げるとすれば、平賀源内、田沼意次、シーボルト、高野長英、江川英龍、佐久間象山とかかな。
まあ、他にもたくさんあります。
あと、林子平の『三国通覧図説』に絡む話もすごいね。

そんなわけで、歴史を学ぶには、漫画がいいね、ということかと。

管理組合の理事長になってしまった

マンションの管理組合の年次総会があり、今回は役員の改選もあって、私が理事長になってしまった。

まあ、戸数が少ないマンションだから仕方ないな、という感じですが。

2010年、あけましておめでとうございます

どうやら昨年と同じパターンのようです。

新年だからといって改めて何かという事は、昨年ほどにはないんだけど、
やはり嫌でもある程度は「一区切り感」とか「仕切り直し感」は感じてしまうのは確か。

2010年代の始まりでもあるし、個人的には30代後半になるという事もあり、客観的な節目感はここ数年に比べると大きいかもしれない。

いろいろと忙しくなるかもしれないけど、自分のやりたい事を自分にできるペースで追求していく事は忘れないようにしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

社内向けのアウトプットが足りないとか言われてもな

ちょっと年俸更改のついでにいろいろと説教されて、なんだかなあという感じです。
愚痴になってしまいますが。

要するに「社内に向けたアウトプットが少なくて存在感を示せてないから高く評価できない」みたいな話で。

すごくごもっともな話だし、自分にも足りない面が多々あるのは重々承知しているが、
でもやっぱり、現場に出てお客に対してどれだけ価値を提供できるか、最重要だろうと思っている。

確かに、現場にいない人がそういう所をうまく評価するのが難しいのはわかる。
問題なくこなしているのは当たり前にしか見えなくて、
トラブルが起きたら減点するしか術がないのだろう。

とは言っても、「現場でどうしているかはよくわからないから、それよりも
もっと社内や部門内に影響力を持つようなアウトプットを出せ、
そうでなければ評価できない」というのは、ちょっと開き直りが過ぎるのではないか?

もちろん評価される側の方法論というか戦略としては必要なことだし、
上の方の立場でそう考えてしまうのも理解できるが、
評価する側の言い方としてはもっと考えたほうがいい。

2009年、あけましておめでとうございます

ベタなタイトルで新年最初の投稿。

昨年2008年は新たな人生を切り開く為の基礎固めをした年だったと思う。
とにかく本を読むようになったし、IT以外のことも勉強を続けていく道筋が自分の中にできたように思う。

2009年は引き続き勉強を続けつつも、それらを実際にリアルな成果に結び付けていきたいと思う。

何がどう転ぶかはわからないが、人生における大きな転換があることは間違いないと思うので。

「スーツの言葉」では人は動かない

うーん、自分なりに考えて、自分の立場でしかできない事をやる、
そうする事で自分の存在感を示したいのだろうなぁ。

でもそれも大きなイベント直後ならではの「ポーズ」としか感じる事ができないんだよなぁ。

でも、以前拾った通り「スーツの言葉」ではなかなか人は動かせないんだよ。

見た目的にはそれで動かざるを得なくしても、
表面なぞるだけで根本的な問題解決にはならないのだと思う。

まあ報告する側にも改善すべき点はたくさんあるとも同時に思ったけど。

あっ、何言っているかよくわからないですね。すいません、独り言です。

実家の畑でとれた野菜

日曜日には、突然、両親が家の畑でとれた野菜をいろいろと持ってきてくれた。

本当にありがたい話である。

しばらくは野菜を買わなくて済むという目先的な事ももちろんあるが、
今自分が生きていられるのは、何よりこの両親のおかげなのだと
感謝の念でいっぱいになる。口に出しては言わないけど。

知人の結婚パーティーにて

11月17日(土)には以前関わったプロジェクトにて
一緒に仕事をしていた人の結婚パーティーに行って来ました。
式や披露宴は先週末にあったそうで、友人向けのパーティーでした。

ご本人と会うこと自体も相当久しぶりだったのだが、
当時のプロジェクトで一緒に仕事をしていた人達がたくさん集まり、
同窓会みたいな感じでした。

また、当時のプロジェクトには関わっていなかったのだが、
私が別のプロジェクトでご一緒させて頂いていた方にお会いしてびっくりする事もありました。
なんでも、ご本人の現職場で一緒なんだそうで、やはりこの業界は狭いものですね。

結局、ご本人と話す事はほとんどできずに、「同窓会」の方を楽しんできた感じでした。

年上の方からは、また一緒に仕事がしたいなどという旨のお言葉も頂き、
会社という枠を超えて、個人として能力を認められていると感じることができたので、
違う場所でもなんとか生けていける可能性は十分にある事は感じました。

「メガ食品」大ブーム

「メガ食品」大ブーム コンビニや外食チェーン、不振打開へ

やばいね。

そろそろ本気でダイエットを再開しないとね...

風邪ひいた

風邪のため、昨日は仕事を休んでしまいました。

最初はのどがひどく痛かった。

ちょっと微熱も出ていた。

今のところ、咳や鼻水は出ていない。
記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
AdSense
Amazon


  • ライブドアブログ